TOP > 不妊治療のいま > 主な治療法・症状について > 女性不妊 > 排卵誘発、黄体維持(クロミフェン療法・ゴナドトロピン療法)

診療内容

排卵誘発、黄体維持(クロミフェン療法・ゴナドトロピン療法)

卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが分泌されています。エストロゲンは卵胞期に卵巣の中で育っていく卵胞から分泌され、プロゲステロンは卵胞から卵子が排卵された後に、残った卵胞が変化した「黄体」という組織から分泌されます。(黄体からはエストロゲンも分泌されます。)プロゲステロンは黄体から分泌されるため、黄体ホルモンとも呼ばれ、子宮内膜を厚くするなど受精卵を着床しやすくしたり、妊娠を維持する働きをします。
黄体ホルモンは、同時に体温を上昇させる作用を持っており、排卵後に体温が上昇するのはこのためです。 妊娠すると黄体が維持され、高温期が続くことになります。逆に、妊娠しなかった場合、排卵後約14日で黄体が萎縮するので、低温期になり、子宮内膜が剥がれ落ちて生理が起こります。

卵胞が十分に発育しないと排卵がスムースに起こりません。卵胞発育を促す方法としてクロミフェン療法やゴナドトピン療法などがあります。一般に排卵誘発といわれる治療です。

また、排卵後、十分に黄体ホルモンが出ないと受精卵が着床しにくくなったり、妊娠が維持しにくくなったりします。この状態を黄体機能不全といいます。この場合には黄体ホルモンを内服、もしくは注射などで補充する
黄体補充療法などが行われる場合があります。

クロミフェン療法

ゴナドトロピン療法

アクセス
医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院
電話 03-6667-0198
URL http://www.kayabacho-itoiin.jp/
住所 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-15 新居ビル3F
アクセス 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅 4b出口目の前
お問合せ
03-6667-0198
診療時間:平日10:00~19:00
(14:00~15:30は診療時間外)
ページ上部へ戻る