クリニックの画像 クリニックの画像

クロミフェン療法

クロミッド

クロミッドは卵胞発育を促すゴナドトロピンの分泌を増やします。
月経の第5日目より1日1-2錠のクロミッドを5日間内服します。自然にも排卵しますが、超音波による卵胞計測にて排卵直前と考えられる場合は、hCGという排卵を促すホルモン注射を施行すると約36-42時間で排卵しますので、その前に性交渉をもつか人工授精を施行します。