TOP > 診療内容 > 不妊治療 > 排卵誘発、黄体維持 > クロミフェン療法

診療内容

クロミフェン療法

クロミッド

クロミッドは卵胞発育を促すゴナドトロピンの分泌を増やします。
月経の第5日目より1日1-2錠のクロミッドを5日間内服します。自然にも排卵しますが、超音波による卵胞計測にて排卵直前と考えられる場合は、hCGという排卵を促すホルモン注射を施行すると約36-42時間で排卵しますので、その前に性交渉をもつか人工授精を施行します。

アクセス
医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院
電話 03-6667-0198
URL http://www.kayabacho-itoiin.jp/
住所 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-15 新居ビル3F
アクセス 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅 4b出口目の前
お問合せ
03-6667-0198
診療時間:平日10:00~19:00
(14:00~15:30は診療時間外)
ページ上部へ戻る