TOP > 不妊治療のいま > 主な治療法・症状について > 女性不妊 > 30代・40代の不妊治療

診療内容

30代・40代の不妊治療

近年、晩婚化に伴う晩産化がさらに進んでおり、2011年の人口動態統計では、第1子出産時の母親の平均年齢が30.1歳と、初めて30歳を超えております。

欧州の不妊専門雑誌のデータによれば、19~26歳の女性では自然妊娠の確率が約5割なのに対して、27~34歳で4割、35~39歳は3割に落ちており、いわゆる「卵子の老化」の問題は、統計的に見ても妊娠を望む夫婦にとって、改めてしっかりと考えるべき問題だといえるでしょう。

確かに妊孕性(にんようせい)には個人差があるので、一概に35歳が壁である、40歳を過ぎたからこの治療法しかない、などという画一的なものでは決してありません。しかしながら、やはり統計的に加齢によって老化した卵子では、妊娠の確率が下がってしまうことは事実です。そんな中、治療をいつはじめたらいいか判断、決断ができずに時間が過ぎていく、ということが大きな問題となっているのではないでしょうか。

結婚年齢が上昇している昨今、少しでも気になることがあるときには、まず産婦人科医師への相談をしてみることが、個人差があるとはいえ、それぞれの限られた時間を有効に活用する為に大切なことと言えるでしょう。

アクセス
医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院
電話 03-6667-0198
URL http://www.kayabacho-itoiin.jp/
住所 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-15 新居ビル3F
アクセス 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅 4b出口目の前
お問合せ
03-6667-0198
診療時間:平日10:00~19:00
(14:00~15:30は診療時間外)
ページ上部へ戻る