TOP > 不妊治療のいま > 主な治療法・症状について > 女性不妊 > 卵管鏡下卵管形成術(FT)

診療内容

卵管鏡下卵管形成術(FT)

卵管が傷んでしまい、詰まる、あるいは狭くなることで卵子や精子が卵管を通ることができずに妊娠できない状態を「卵管性不妊症」といいます。この状態を治療する方法として、内視鏡治療であるFT(Falloposcopic Tuboplasty:卵管鏡下卵管形成術)という方法があります。

カテーテルと呼ばれる細い管を子宮内へ挿入し、組み込まれた毛髪ほどの細さのカメラで卵管内腔を直接把握しながら、内蔵のバルーンを卵管に通し、狭くなっているところを拡げて卵管の通過性を回復させる方法です。

入院による腹腔鏡併用手術が中心ですが、日帰り手術を行う施設もあります。

茅場町いとう医院では卵管鏡下卵管形成術(FT)は実施しておりませんが、診療の上、適宜他の医療機関をご紹介するなどの対応が可能です。

アクセス
医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院
電話 03-6667-0198
URL http://www.kayabacho-itoiin.jp/
住所 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-15 新居ビル3F
アクセス 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅 4b出口目の前
お問合せ
03-6667-0198
診療時間:平日10:00~19:00
(14:00~15:30は診療時間外)
ページ上部へ戻る