TOP > 不妊治療のいま > 主な治療法・症状について > 男性不妊

診療内容

男性不妊

WHO(世界保健機構)の調査では、不妊の半数近くが男性に原因があるとされています。、原因は様々ですが、造精機能障害(成熟した精子を作る能力の障害)、精子輸送障害(精巣で成熟した精子を体外へ運び出す過程での障害)、副性器障害(前立腺などの副性器が原因で精子の質・量が低下する障害)、性機能障害(勃起不全など性交に関連する障害)に大別することができます。

造精機能障害や精路通過障害では自覚症状はなく、副性器障害の場合でもごく軽い症状しかない場合もあるため、男性不妊の発見には精液検査がとても重要です。

茅場町いとう医院では、「自動精液検査装置」を使い、あらかじめお渡しする容器にご自宅にて精液を採取してご持参いただくことで、数分で精子の濃度や運動率の判定をすることができます。
※男性の方の受診は必ずしも必要ではありません。

当院では男性不妊の治療自体はおこなっておりませんが、異常が疑われた場合には、適宜他の医療機関をご紹介するなどの対応が可能です。

人工授精

生殖補助医療(ART)

アクセス
医療法人社団菫青会 茅場町いとう医院
電話 03-6667-0198
URL http://www.kayabacho-itoiin.jp/
住所 〒103-0025
東京都中央区日本橋茅場町1丁目13-15 新居ビル3F
アクセス 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅 4b出口目の前
お問合せ
03-6667-0198
診療時間:平日10:00~19:00
(14:00~15:30は診療時間外)
ページ上部へ戻る